カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
[1143]  [1110]  [1142]  [1141]  [1140]  [1123]  [1139]  [1138]  [1137]  [1136]  [1135

フィラリア予防のススメU。・ェ・。U

こんにちは。
最近は、お昼間がすかっり暖かくなってきましたね(*゚v゚*)
寒暖差のあるこの季節は、人間だけではなく、ワンちゃんたちにとっても心身に負担がかかってしまう季節です。
室温・体調の管理、お父さんもお母さんもワンちゃんも、
しっかりやっていきましょう!
(*´д`*)oエイ(*´д`*)oエイ(*`д´*)ノオウ!!


さて本日は、『フィラリア症』について、少しお話したいと思います。

ワンちゃん、ネコちゃんのいらっしゃる方は、ご存じかとは思いますが、いまいちど!
ご一読いただけたらと思います。

フィラリア症とは、蚊を媒介として心臓や肺動脈に寄生虫が入り込んで起こる病気のこと。
つまり、フィラリアに感染した動物の血を吸った蚊が、感染していない犬猫の血を吸う際にフィラリアの幼虫が感染してしまうのです。(全ての蚊が媒介になるとは限りません)
もちろん、犬だけではなく猫もかかってしまうので、要注意です!
感染していまうと、虫(寄生虫)が血管や臓器に住み着いてしまうので、血液の流れが悪くなり、よって様々な障害が発生し、最悪の場合 死 に 至 り ま す
主な症状は・・・
 →セキ
 →食欲不振
 →嘔吐
 →元気がなくなる
 →呼吸が苦しそう
 →お腹が膨らんでくる(末期)
 →赤い尿が出る(末期)
などなど。
猫さんの場合も同様なのですが、ただワンちゃんたちのように大量数が寄生しないので、イコール症状が出にくく、また診断も難しくなります。
なので猫さんについては、上記症状が1つでも出た場合、生命に係わることがほとんどです。

ではどうすればよいのか。

予防です。
最善の方法は予防なのです。
 

フィラリア症は、投薬(内服薬や滴下/スポットオン薬)で防げる病気です。
愛犬・愛猫さんために ぜ ひ !
事前予防をお願いいたします。

福岡県の予防期間はおおよそ5月~12月(市町村によって多少異なります)
月1回の投薬で予防をします。
ワンちゃんたちの体質や性格(例えば薬を飲むのが苦手など)、獣医さんと相談してみてくださいね。

ただ、ここでひとつ!
注意が必要なことがあります。

予防薬の投薬前に も し も 感染してしまっていたら・・・・・・

危険です。

感染した状態で一気に駆虫してしまうと、ミクロフィラリア(幼虫)の死骸が血管などに詰まったり、また大量数を一斉駆除することでワンちゃんネコちゃんがショック状態に陥ったりします。
つまり、生命に係わることがあります。

フィラリア予防のに、血液検査をぜひお願いいたします。
数分で簡単に、抗原の有無(陽性or陰性)をチェックできます。

わかりにくい点など、RASAでもお気軽にご相談ください^^

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


Copyright c DOG HOUSE RASA INC. All Rights Reserved.| ドッグハウスRASA
福岡市東区香椎2-2-3 1F TEL/FAX:092-673-2778